仏師 故有田紫峰先生の指導で作成しました。
紫峰会に入門して約2年目の作品で、ほぼ
半年を要しました。
 総檜で、ご本体は33Cm、総高43Cmです。

     
入門時は  文様の座彫り
           ↓
      手(握り手、開き手)
           ↓
       お地蔵さんの仏頭
           ↓
         釈迦誕生仏
           ↓
  お地蔵さんの立像(2.3回 手袋を血染めま
 した。一番苦労した所は、やはりお顔です。)

○ なぜ杖を持っているのですか?
 まだ立つことのできない赤ちゃんは、どうしたら
お地蔵さんに近づけると思いますか?そう、お地
蔵さんの杖にしがみつけばいい。杖はそのため
にある。
 また、子どもたちをいじめる、いじめっ子をこらしめ
るためにたたくという意味もあります。ぼおっとし
ている人をたたきおこす意味もあります。まだ、ほ
かにも杖の使いかたがあるかな?みんなで考え
てみてください。

         引用文献
 赤根祥道ほか:やさしい仏教 仏像なぜなぜ事典、p82、1996



地蔵菩薩立像  制作 平成7年5月 吉日

→戻る