『若女 第二作目』

 平成2111月〜平成221月にかけて、
第二作目を完成。

 今回は、若干“男顔”になったというか、“お公家さん顔”になったのか、笑顔で
はなく思いにふける顔に見えるが、他の方
にはどう見えるのか。

 反省点は髪の毛の間隔が広く、ひきなお
しするには下地を削り取り、最初からとい
うことになるのでこのままに。

 

左図:原型の仕上げ

中図:地塗りに必要な材料と器具

右図:紅いれと目張りいれ
左図:髪の毛の罫書きをして墨入れ前。

中図:薄い墨で眉にタンポンを。

右図:タンポンでグラディエーションをつけ
   立体感を。 そして網掛けで汚しを。
   乾燥したところでポマードで表面処理で完成。