韋駄天像

 桂材 本体37Cm 平成13年4月吉日作製

 16種ほどの天像のお一人で武人像。

 合掌の上に剣をのせているので知られています。

 お釈迦さまが亡くなった時のこと、人々が嘆き悲し

んでいる中、火葬したお釈迦さまの遺骨の中から

1対の歯を盗んで逃げた男を追ったのがこの韋駄天

です。

 韋駄天は快足をとばし、この世のはてで鬼をとらえ、

無事お釈迦さまの歯を取り戻した。このエピソードが

現代まで伝わり、足の速い人の代名詞として使うよ

うになりました。

 昔、校区運動会の種目に取りいれられ、一種の障

害物リレー競走でした。そういえば歯または遺骨を

思わすバトンに変わるものはなく、確か色別の襷を

手渡していったと記憶しています。

 今回、平成18年の年賀状にこの写真を用いました。

 本年もいい年でありますように。



→戻る