平成十三年十月吉日作製

総高 45Cm(本体の高さ25Cm) 総白檀です。
本写真は、平成17年の年賀状に使用しました。

頭の上にたくさん顔があるのはなぜでしょう?

 正面に三つのやさしい顔、左側に三つのおこ
った顔、右側に三つのこわい顔、そしてうしろに
笑った顔、その十の顔の中心に正面を向いて仏様
の顔がついています。
 これは観音さまが、その日、その時によって変
わるわたしたちの心と行いにあわせて、それに最
も適したお顔で教え導いてくださることをあらわ
しています。
 すなおで正しい人にはやさしいお顔で接し、悪
いことを考えている人には怒りのお顔で反省をも
とめ、よいことをしている場合、これはこわいお
顔ですが、はげましていてくださるのです。
 さらに落ちつかない人には、そんなことでどう
するのと笑いながら、たしなめてくださるのです。
 だからどの顔もわたしたちを幸せにしてあげよ
うと見守っていてくださるのですから、みな観音
さまの温かい心のあらわれなのです。
 また、この観音様は争いの心を静めてください
ます。

赤根祥道ほか:やさしい仏教 仏像なぜなぜ事典。
70-72,1996)より引用しました。



→戻る